アニトンのロジカル部屋

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニトンのロジカル部屋

アニメやラノベ、その他サブカルチャー系のまとめブログ。ヲタクにとって有意義な情報を発信していきたい。

『キモイマン』の感想・考察【ライトノベル】最弱ヒーローの誕生…

どうもこんにちは!

今回はライトノベルの感想・考察記事ということで、当ブログの新しい試みですね。

一応、こちらの記事でそれっぽいこともしています!

▼読んでみてね(^^)

aniton.hatenablog.com

 それでは早速、今回話題にする作品を紹介しましょうか。

『キモイマン』とは

記念すべき初考察対象となるライトノベル作品はガガガ文庫より出版された『キモイマン』です。

▼表紙絵は普通っぽいのですが…

『キモイマン』の作者・中沢健はドラマ化もされた『初恋芸人』の作者でもあります。

あらすじ

主人公の男子高校生は「キモ男」と学校で呼ばれ、虐められています。

この作品はある日、偶然出会った小学生女児にヒーローと勘違いされた主人公がキモいなりに頑張る青春物語です。

それでは早速、感想を書いていきますかね。

『キモイマン』の感想

 ここではTwitter上の感想を拾っていこうと思います。

ネタバレ注意です!

 

 

 

 

 

 

 管理人の感想

久しぶりにラノベで心を動かされましたね。

面白いかどうかは別として、読み物としての価値は充分にあるかと。

一人称小説なのも、憎い仕掛けですよ。どこまでいっても主人公の主観でしか物語世界を読み解くことしか出来ない我々読者にとっては、客観的にキャラクターを評価することが出来ない。

終盤「えっ、あの娘が?」ってなるけど、あれは主人公の主観でしか彼女を見ることが出来なかったからなんだよなあと、落ち着いてから思い至る次第。

まあ、管理人から言えることはただ一言!

ぜひ、読んでほしい!!

www.shogakukan.co.jp